毛の仕組みを知って脱毛サロン!

話題沸騰の永久脱毛。

 

ムダ毛を毎日処理するのは面倒ですがしなくても良くなると広く注目を集めている美容方法のひとつです。

 

でも、そのような光を使った脱毛方法ですが少し待ってみて。

 

みんなはその体に生えている毛がどんなものかご存知ですか。脱毛サロンを選ぶうえで、体毛って何なのかわかるのはとても重要なのです。

 

そのことについて得ているかどうかで脱毛サロンに行くとき知っておきたいことをはっきりと聞けます。

 

ですが、実際のところその仕組みをわかってサロンを調べる人はあんまりいないようそういうことでここで皆様の体にある毛についてまとめました。

 

 

毛の根っこ、毛根部!

初めに私たちの毛の仕組みをご説明します。

 

みなさんに悩みの種のムダ毛は表皮の部分から見ることができる部分を「毛幹」表皮より深いところにあるところを「毛根」と呼びます。

 

さらに深く、ムダな毛の根元、毛根部に続いているふくらんでいるところをパーツを「毛球」と呼ぶんだ。

 

毛球の一番先には「毛乳頭」があるんだよ。ここには毛乳頭の先っぽから毛細血管を使って栄養などを吸い上げて体毛を伸ばす働きをしています。

 

以上のことから毛が長くなるには体の毛、中でもさらに最奥の毛乳頭、つまり毛球の先っぽがつかさどっているのですね。

 

そのような理由でカミソリを使って目視できる毛を綺麗にそったつもりでも毛乳頭がある限り元に戻ってします。

 

その上、この毛乳頭と呼んでいる部分には「毛母細胞」というものが生成しています。

 

というわけで、毛抜きとかを使って体毛を除去して毛乳頭を綺麗に除去したとしても、

 

毛母細胞と呼称されるところがあると毛乳頭が製造されてまたしても毛が生えてくるのですね。

 

 

毛が生えてくるメカニズムとサイクル

体毛って成長、抜毛、わずかに休憩して生えるをというようにぐるぐるしているのです。

 

体毛が長くなる時期には血管を伝って毛乳頭に向かい成長のための栄養が運ばれて毛母細胞のとこまで届くんだ。

 

そうなると、毛母細胞の部分の細胞の分裂がたくさんに分裂して毛球ができます。

 

そうしたらそのまんまこの毛母細胞がこのように細胞分裂してきてついには体の毛として皮膚の外の見える所までがっつりと長くなります。

 

さらには体毛が成長するスピードは体の部位によって違ってきます。

 

頭部の毛、つまり毛髪はそのスピード速く24時間で0.3ミリくらい伸びます。

 

さらに言うとワキの毛も早く成長し24時間で0.3mmほど成長してきます。

 

さらに顔面の眉毛・まつ毛はゆっくりと長くなって24時間で1/10mmしか長くなりません。

 

説明したように一緒くたに体に生えている毛といっても長くなる速さは差異があります。

 

 

毛の周期を知ろう

ついでに、先ほど記述した体毛の周期を簡単に深くお話しましょう。

 

上で、長くなって抜け落ちる成長を繰り返すと言ったね。

 

さらに実は体の毛には休止期、成長期、退行期という生え変わるための3種の時期があります。

 

お休みの時は見えない皮膚の下に毛が生えるために休みを取る時期です。

 

成長期で栄養を得ながらぐいぐいと成長し、退行期になると毛乳頭の部分と毛の部分が結合部分が弱くなり抜けていく時期だよ。

 

こういうわけで、伸びているときの毛を抜いたとしても、皮膚の下にある見えない部分には今から伸びてこようとする毛がある状態です。

 

そういう理由で手間暇かけて毛を抜いても、次の周期に入ると後から伸びようと待っていた毛が生えてくるのですね。

 

その上お肌の見ることができる部分は1/3くらいでしかないという調査結果がでています。

 

また、毛の周期というのはそれぞれ毛がある部分で少しずつですが変わってきます。

 

体中で事の他抜毛までが間があるのが頭髪で、長くなる期間が4年近くあって退行する時期に手を加えなくても抜けます。

 

また、頭髪の場合では、約50本ほどが1日で自然に抜け落ちるとなっています。

 

もっと言うと顔と身体では顔の方が抜けるまで間がないと言われています。

 

顔面の毛はほとんど2カ月程度で抜け落ちて身体部分の毛の周期が3カ月から4カ月。

 

そのような理由から体に生えてる毛を一緒に処理しても顔の毛が先に目立ちます。

 

 

毛が生えているわけ

ムダ毛と呼称されてますが、ちゃーんとムダ毛にも利になかった役割を担っています。その目的をまとめました。

 

毛には1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能の4つの機能があります。

 

まずは保護をすることから。

 

危険な物理接触から守る目的のことを示しています。

 

実感しやすいものでは毛髪は頭、腋毛は脇の摩擦から守ってくれてというものです。

 

次に、保温・断熱機能です。

 

寒い空気から身を守ってくれ、しかも日光が直接あたる時には暑さをしのぐ役割をするための断熱の目的をいいます。

 

さらに、感覚機能です。

 

意識しないかもしれませんが、体毛には触覚を存在しています。毛がばくなると感覚が弱くなるって報告もあるようです。

 

最後に、紫外線防止機能です。

 

体毛は日光から発せられる紫外線をシャットアウトする目的もあります。これらのように、ムダ毛と呼んでてもそれぞれ働きがあります。

 

 

サロンに行く前に!

ここまで体毛について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

毛の構造やメカニズムをわかってもらえましたか?

 

自分の体毛について知識があれば光脱毛のどのくらい通うべきか理解しやすくなってお店選びに役に立つこと間違いありません。

関連ページ

サロンは自己処理より断然いい
サロンは自己処理より断然いいです。最近流行りの脱毛サロンですが、費用が掛かるなどのデメリットはありますが、その分メリットの方が圧倒的に多いです。自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなどサロンは自己処理より断然いいです。サロンでの脱毛をお考えの方は参考にしてください。
脱毛が初回で終わらないのはどうして?
脱毛が初回で終わらないのはどうして?なのかをお教え致します。主な要因は毛周期が大きく関係しています。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、施術するマシンの性能がサロンごとに違うからです。脱毛が初回で終わらないのはどうして?なのか分からない方は是非ご覧ください。